等身大フィギュア/大型造形

等身大フィギュア/大型造形プランは、各種キャラクターの3Dモデリングデータを制作して、1m~165cm~最大高さ3mの等身大フィギュア/大型造形を製作します。
お客様のご意向をヒアリングしたうえで、3Dデザイナーがイラスト/写真/現物/コンセプト等から3DCGソフトを使用してキャラクターフィギュアの3Dデータを作成します。
体部分は発砲スチロールの3D切削またはその原型をもとにFRPで形状を整形し、手や髪等細かい部分は3Dプリンターで出力します。
フィギュアの表面はPANTONE等の指定色で塗装します。

等身大フィギュア/大型造形

等身大フィギュア/大型造形

plan6_img1

ヒアリング&データ制作
まずはお客様のご意向をお聞きします。元となるイラストや写真、現物やコンセプト等の情報をご用意ください。 3Dデザイナーが、3DCGソフトを使用して、キャラクターフィギュアの3Dデータを作成します。

 

 

 

plan6_img1b

データ修正
お客様にご確認いただき、イメージと違う部分を3Dデータを修正します。お見積料金には1回の修正作業が含まれます。

 

 

 

 

plan6_img1c

色指定
お客様にご確認いただき、最終的な色を調整します。お見積料金には1回の色変更作業が含まれます。

 

 

 

 

plan6_img1d

3D切削&3Dプリンター出力
胴体部分は、工業用発泡スチロールを大型3D切削装置で削り出します。 手や髪等の細かい造形部分は3Dプリンターで出力(印刷)いたします。

 

 

 

 

plan6_img1e

塗装

3D切削加工機および3Dプリンターで造形後、表面を簡単に研磨加工し、塗装します。

 

 

 

 

plan6_img1f

組立・納品
塗装した各パーツを組立て等身大フィギュアを完成させます。
検品後、納品いたします。

 

 

 

 

IMG_17842

 

よくある質問

等身大フィギュアについてよくいただく質問にお答えします

Q.どうやって3Dデータを作るのですか?

A. 3Dデータを作る手段としては、3DCGソフトを使って3Dデザイナーがデータを制作する方法と、 3Dスキャナーを使って実物をスキャンし、そこからデータを制作する方法があります。 どのような3Dデータを作りたいか、用途によって最適な方法をご提案いたします。

Q.素材は何ですか?

A.
パターン(1)発泡スチロールベース
胴体部分は工業用発泡スチロール、その他部分は3Dプリンター素材です。
胴体部分の工業用発泡スチロールについては、強化発泡スチロールもありますし、強度や大きさによってさまざまな種類を選択可能です。 その他部分の3Dプリンター素材については、ABSまたはPLAとなります。
表面塗装において、ウレタン塗装を施すと、屋外でも数年の耐久性があります。

パターン(2)FRPベース
基本構造を工業用発泡スチロール+3Dプリンター素材で製作し、そこから石膏型をとって、その石膏型をもとにFRPで造形します。
非常に耐久性が高い造形物が製作可能です。

Q.どの程度の費用がかかりますか?

A. パターン(1)発泡スチロールベースの場合には、120万円~、パターン(2)FRPベースの場合には、170万円~となります。
造形物のサイズ、造形物の装飾の細かさや塗装の詳細精度の要求によって金額が変わりますのでご了承ください。
※実際の人間の全身リアルフィギュアは200万円~製作可能です。

Q.2回目以降のデータ修正はできるんですか?

A. もちろんできます。但し、2回目以降の修正作業には3Dデザイナーの人件費が追加で発生することになるため、 2回目以降の1回の修正について見積金額の20%相当額を追加修正料として頂きます。 この点をご理解いただき、ご注文ください。

Q. なんでも3Dデータを作れるんですか?

A. なんでもクオリティの高い3Dデータを作れる会社は存在しません。
弊社3Dデザイナーは10数名おり、それぞれが得意分野があります。
弊社ではリアル人物3Dフィギュアを数多く製作しているため、そのノウハウを生かして、 等身大キャラクターフィギュアについては、特に自信があります。

お見積り依頼等のお問い合わせを頂く際には、迅速かつ的確な案件対応を行うために、ご要望・要件について簡単に箇条書きにしたうえで、お問合せフォームにご記入ください。

お問い合わせには翌営業日までにご回答します。06-6245-2340受付時間 10:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。